学習塾経営を考えている方必見!フランチャイズ本部の選び方のコツ

公開日:2021/12/01  最終更新日:2022/03/03

これからフランチャイズを利用して学習塾を経営する場合、最も大切なことの一つがフランチャイズ本部の選び方です。本部によって必要となる費用や具体的なサポート体制などが異なるため、自分の経営スタイルにあった方法を選ぶことが求められます。今回は学習塾の経営を考えている人向けに、フランチャイズ本部の選び方について解説します。

フランチャイズの学習塾を経営する前に考えるべき点

具体的にフランチャイズ本部を探す前に、まず考えておくべき点がいくつかあります。フランチャイズ経営を失敗しないためにも、以下で紹介する点についてじっくり考えておきましょう。

■開業資金を準備する

1つ目は開業資金を準備することです。フランチャイズを活用して学習塾を始める場合も、当然のことながら開業資金が必要となります。具体的な開業資金の金額はフランチャイズ本部によって異なり、約400万円~1,500万円ほどと決して安い金額ではありません。

また開業資金とは別に自身の生活費、その他に開業に必要となる準備費などもかかってくるため、資金計画を立てながら開業資金を準備することが大切です。場合によっては融資も検討するとよいでしょう。

■塾のターゲットを設定する

2つ目は塾のターゲットを設定することです。学習塾における主なターゲットは小学生や中学生、大学受験を目指す高校生の3種類。実際に学習塾を開設した場合、どのターゲット層であれば顧客として取り込めるのかをじっくり考えてみましょう。

中学生をターゲットにする場合は勉強のレベルがそれほど高くないため、指導できる講師の獲得がそれほど難しくありません。反対に大学受験を目指す高校生をターゲットにする場合、大学受験レベルに対応できる講師を集める必要があるでしょう。

しかし一般的に高校生向けの学習塾は、塾の費用単価が高くなるメリットもあります。

■塾の方針を考える

フランチャイズであっても、塾の方針を持つことは大切です。教育方針や考え方がまとまっていないと塾生や講師が定着せず、経営も安定しません。どのような学習塾を作りたいのかをよく考え、自分の方針にあったフランチャイズ本部を選ぶことが求められます。

フランチャイズ本部の選び方のコツ

続いてはフランチャイズ本部の選び方のコツについて見ていきましょう。

■必要となる資金について確認する

先に述べたように開業にあたって必要となる資金は、フランチャイズ本部によって異なります。

一般的に学習塾のフランチャイズの場合、初期費用に1,000万円以上かかる場合はハイリスク・ハイリターンといわれています。生徒数50人以上など大規模の学習塾運営を求められることが多く、成功すれば高収入が期待できる反面、上手くいかなかった場合は損失額も大きくなります。

初期費用が500万円以下の場合はローリスク・ミドルリターンです。

■デメリットも正直に教えてくれる本部を選ぶ

2つ目のコツはフランチャイズ経営におけるデメリットも、正直に教えてくれるところを選ぶことです。

フランチャイズによる学習塾経営にはメリットだけでなく、当然のことながらデメリットやリスクもあります。信頼できるフランチャイズ本部であれば説明会などで、デメリットやリスクも正直に説明してくれるはずです。

■加盟店の数を確認する

加盟店の数を確認することも大切です。積極的にフランチャイズの加盟店を増やしている場合、同じ地域で競合する加盟店がたくさん出てくる可能性もあります。

フランチャイズ本部によっては加盟できる店舗数に制限を設けているところもあるため、加盟店の数を確認するようにしましょう。

フランチャイズの学習塾を開校するまでの流れ

最後にフランチャイズで学習塾を開校するまでの流れについて紹介します

■情報を集める

まずは情報収集です。フランチャイズ本部から資料を取り寄せたり、実際に説明会へ参加をしたりして、学習塾経営に関する情報を集めましょう。それぞれの本部によって特徴や必要となる資金、サポート体制などは異なるため、比較検討することが大切です。

■事業計画を作って加盟申し込みをする

説明会へ参加して加盟したいフランチャイズ本部が決まったら、事業計画を作ります。学習塾のスタイルや立地、開校時期などを検討しましょう。事業計画ができたらフランチャイズ本部へ加盟の申し込みをしてください。加盟には初期費用が必要です。

■開校に向けた準備をする

フランチャイズ本部から加盟が認められたら、開講に向けた準備を本格的に進めていきます。講師の採用や教材備品の購入などと並行して、フランチャイズ本部が開催する研修にも参加をしましょう。塾経営に関するノウハウを習得できます。

■開校後は本部へロイヤリティを支払う

いよいよ学習塾が開講した後は生徒を集めながら、塾経営を軌道にのせていきましょう。フランチャイズ本部によってさまざまなサポート体制があるため、上手に活用してください。毎月の売り上げから、決まった額をロイヤルティとして本部へ支払うことになります。

 

フランチャイズで学習塾を経営する場合、本部選びはじっくりと行いましょう。今回紹介した選び方のコツも参考にして、あなたのスタイルにピッタリ合った本部を見つけてくださいね。

おすすめ関連記事