秀英予備校

秀英予備校の画像1

秀英予備校は創業1977年から40年以上にわたり教育事業をおこなってきた東証一部上場企業です。多くの経験から培ってきたノウハウを持ち、フランチャイズ加盟校への手厚いサポートをおこなっているため、初めて塾経営をする方でも安心して開業することができるでしょう。

塾経営を単なるビジネスと考えるのではなく、教育への志を持っている企業なので教育への強い思いがある方にも選ばれているのです。もちろん高収益を得るためのシステムも整っているので、経営への不安を感じることはないでしょう。

秀英予備校の強み

秀英予備校の画像2

今ではグループ全体で、全国に250を超える校舎を展開しています。秀英予備校には、長年教育事業をおこなってきたという実績を筆頭に、多くの強みがあり、それらが開業成功の鍵となっています。ここでは、そんな秀英予備校の強みについてご紹介していきます。

映像授業+個別指導

秀英予備校の映像授業は、授業力トップクラスの教師・講師が担当する質の高い授業です。授業は小学生から大学受験の内容まで対応。教科書準拠から受験対策まで、豊富なラインナップを取り揃えています。

偏差値40~70の生徒まで対応できる内容となっており、基礎から応用・発展レベルまで学力を鍛えていきます。また家庭で復習するためにも利用することができ、自分のペースで効率よく学べるシステムになっています。

映像授業に加えて、生徒の疑問点はチューターが対応。校舎長は学習指導や進路指導、生徒のモチベーションアップに専念することができます。

集客しやすい価格設定

映像授業を取り入れている秀英予備校では、多くの講師を雇う必要がなく一般的な塾に比べて人件費が抑えられるという特長があります。また授業料は比較的安価に抑えているため、価格で悩むご家族にも選ばれやすいということです。教科書改訂や入試傾向に合わせ、映像の品質も最新のものにアップデートされるので安心です。

ニーズに対応した映像授業で他塾との差別化を図るとともに、チューター・校舎長が個別フォローをおこなうことで生徒のモチベーションアップに繋げます。そのため、生徒が離れにくいという強みもあるのです。

明確なターゲット設定

塾に通っている子供の中には、意識が高く成績アップの見込みがある生徒がたくさんいます。秀英予備校では、学力中間層~上位層をメインターゲットとしているので、集客しやすいという強みがあります。伸びしろがあるということは、効果的な授業を提供すればめきめきと成長していき、それがよい口コミにも繋がります。地域での口コミが広がれば集客に不安を感じる必要もなく、塾の経営に専念することができるのです。

手厚いサポートで安心

秀英予備校ではこれまでの経験から得た経営のノウハウで、フランチャイズオーナーの成功のために経験豊富なアドバイザーが二人三脚で開業初期をサポートしています。創業以来40年以上にわたり、一貫して生徒への「面倒見の良さ」にこだわってきたからこそ、その具体的なノウハウをオーナーに伝え、多くの方を成功に導いていきます。

システム化された支援パッケージ

大手コンビニチェーンのように、サポート内容がパッケージ化されているのが大きな特長のひとつです。オーナーをサポートするFC本部と教材・映像開発をする教務本部が常に連携をしています。開業エリアに最適な運営支援やツール供給をおこなってくれ、塾経営を的確にサポートしてくれます。そんな運営支援とツール供給それぞれの内容は下記のようになっています。

運営支援:立ち上げ支援、受発注とりまとめ、経営相談、事務サポート、教務指導、各種研修、企画開発、情報収集、宣伝活動

ツール供給:高品質な映像授業、オリジナルテキスト、各種オプション講座、チラシ・ポスター、地域入試情報、地域学校情報、直営校データ、地域企画、販促ツール

また、成績アップ、業績アップのノウハウを持っており、すべてにおいてバックアップをしてくれます。スタート時にオーナーは塾経営のノウハウを一切持っていなくても問題ありません。経営が初めてでも安心して開業に臨むことができるのです。

物件も資金計画もすべてワンストップで解決

本部が開校前の市場調査を徹底しておこない、物件の選定や内装、またレイアウトも適切にアドバイスしてくれます。オーナーは、そういった部分で多くの労力を使う必要がなく、不安を感じることもありません。

また、資金計画のアドバイスや資料作成も本部がサポートしてくれます。金融公庫に秀英予備校専用の担当者を設けており秀英予備校が窓口になります。個人で申し込むよりも融資の相談がスムーズに進み、スケジュールに合わせた決裁も依頼できる場合があります。

オーナーにあったサポートの提供

担当者が継続的にオーナーと関わっていくのも秀英予備校のフランチャイズの特徴です。オーナーの持つ課題や不安を共有し、グループ全体で課題の解決を進めてくれます。

選りすぐりの人材が集められており、運営のコツを知り尽くしているからこそ、より具体的なアドバイスができ、開業後もしっかりとサポートをしてくれ成功へと導いてくれるでしょう。

開業資金と収益モデル

秀英予備校の画像4

どんなに高収益を謳っているフランチャイズでも、本当に利益はあるの?と不安を感じる方も多いでしょう。ここでは、実際にフランチャイズ加盟にかかる初期費用、また収益モデルを用いた売り上げ高についてご紹介していきます。

開業資金

秀英予備校の開業にかかる資金は下記のようになっています。

・加盟金:150万円(校舎用教材、パンフレット、ポスター、各種帳票類、開校チラシ50万円分含む)
・研修費:50万円
・不動産取得費用:150万円
・内装(工事・設備)費:150万円
・看板:100万円
・ブース、配線:80万円
・什器類:60万円
・雑費:10万円
合計:750万円

上記は目安となっており、教室の規模などによって変動します。詳しい費用については、説明会などでご確認ください。

収益モデル

塾開業をしてから得られる収益はどのくらいなのかを見ていきましょう。下記は期中平均60人、家賃年間300万円の場合の収益モデルです。

売上:2,214万円
費用:1,242万円
営業利益:972万円
営業利益率:43.9%

上記費用の中にはロイヤリティ、映像使用料も含まれています。ロイヤリティは売上の10%となっていますが、20名達成時までは免除となっています。このように、映像を使用している個別指導だからこその高い利益率を実現することができるでしょう。

まずは説明会に参加してみよう!

豊富な実績と成功のノウハウ、そして教育への志を持った秀英予備校でフランチャイズ経営をしたいと思ったら、まずは公式サイトから説明会の申込みをしてみましょう。現在秀英予備校では、Zoomを使った個別説明会を開催しており、全国どこからでも参加することができます。

また、公式サイト内にはこれまでにフランチャイズオーナーとして成功した方のインタビューなども掲載されており、きっと参考になるはずです。ぜひチェックして秀英予備校での成功をイメージしてみてください。

秀英予備校を選んだ方の口コミ・評判を集めてみました!

信部 貴晴 教室長

個別指導塾の室長を務めていた私も、秀英iD予備校の映像授業には驚きました。私の前職は個別指導塾の室長で、講師経験を合わせると十数年のキャリアになります。その経験やノウハウを活かして独立したいと考えました。
様々な選択肢の中から秀英iD予備校に決めた理由は、独自のコンテンツである映像授業です。講師歴の長い私から見てもプロ中のプロが制作した内容で、この質なら私以外に講師を雇う必要がないと直感しました。
まさか室長1人で運営できるなんて!そんな衝撃が私の背中を押しました。

引用元:https://shuei-idyobiko.jp/voice/01/

→十数年ものキャリアを積み重ね経験やノウハウを持つ人でさえ舌を巻く映像授業は、とてもわかりやすく質が高いことが伺えますね。
経営と指導に集中できる体制なので、口コミにもある通り一人で運営できるクオリティで授業が構成されています。
そのため一般的な塾に比べて人件費が抑えることが可能です。

吉野 彰斗 校舎長

平均的生徒に合わせた授業をせざるを得ない学校教育に限界を感じていました。
高校の頃から将来は独立して、それぞれの学力レベルに合わせて学べる塾を作りたいと考えていました。それは自身の受験の際に、学校教育だけでは学力アップが難しいと実感したからです。
高校の理科教師として5年間勤めましたが、やはり同じ課題に直面。そこで、30歳になるタイミングで真剣に独立を目指しました。数ある学習塾の中から秀英iD予備校を選んだのは、「自分の授業より分かりやすいのでは!」と秀逸な映像授業に圧倒されたからです

引用元:https://shuei-idyobiko.jp/voice/03/

→たくさんの生徒を一度に教えるとどうしても平均的な理解度の生徒に照準を合わせた指導になりがちですよね。
秀英塾では質の高い映像授業を受けられるとともに、校舎長による個別フォローができるので生徒の理解度に合わせた指導が可能。
理解している生徒、していない生徒の差を開かず指導できて生徒のモチベーション維持に繋がっていきます。

口コミを見てみると、映像授業が素晴らしいという理由で秀英塾を選んでいる人が多いようです。
プロが担当する映像授業は講師経験のある人から見ても納得のクオリティ。
全国どこからでも参加できるZoomを使った説明会もあるので、秀英塾が気になる人は申し込んでみましょう!