学習塾フランチャイズのメリット・デメリットをそれぞれ解説!

公開日:2021/12/01  最終更新日:2022/03/03

はじめて学習塾を経営するなら、フランチャイズという選択肢もありますよね。しかし、「学習塾のフランチャイズ経営に興味があるけど、実際儲かるの?」と疑問を持っている方も多いのではないでしょうか。そこで今回の記事は、学習塾フランチャイズの仕組みと、メリット・デメリットについて紹介します。参考にしてみてください。

そもそも学習塾フランチャイズとはどのようなもの?

「フランチャイズ」という言葉は聞いたことあるという方が多いでしょう。ではフランチャイズの経営は、個人経営と何が違うのでしょうか?まずは、学習塾フランチャイズの仕組みを見ていきましょう。

■フランチャイズとは?

フランチャイズとは、加盟店になることで本部と契約をし、看板、サービス、商品を使用・販売する権利をもらって経営することです。加盟店は、商標を使用する代わりに、加盟時に本部に加盟金を支払います。また、毎月本部に支払うロイヤリティも発生します。

■学習塾フランチャイズ

学習塾フランチャイズは、まずはオーナーを募集している学習塾の説明会に参加します。その後、本部で面接やテスト、現場実習などを受けて合格すると、正式に加盟店として契約を結ぶことができます。

学習塾フランチャイズの場合、契約後は開校前に備品の提供や研修を受けられたり、広報活動を支援してもらえたりと、手厚いサポートを受けられるようです。

学習塾フランチャイズのメリット

学習塾のフランチャイズ経営には、メリットとデメリットがあります。まずはメリットから見ていきましょう。

■本部のブランド力を活用できる

フランチャイズオーナーを募集している学習塾は、全国に教室を展開していて多くの生徒さんが通っているところが多いです。そのため、学習塾を開校するに伴い、そのブランド力を活用できます。

新しく学習塾が開校しても、名前を知っている学習塾であれば、「通いたい」と考えてくれる生徒さんやその家族が自然と増えます。また、聞いたことのない名前の学習塾よりも安心して通ってもらうことができるのです。

■集客や運営のノウハウがある

学習塾フランチャイズは、既に本部に集客や運営のノウハウがあります。集客に使う媒体や集客する時期、入塾した生徒の退塾防止策、個人情報の管理、売上管理など、学習塾の経営にはさまざまな知識が必要です。そうした知識をフランチャイズ本部が持っているので、即実践できます。

また、学習塾の集客方法や運営方法は、時代とともに変化していきます。フランチャイズは、そういった時代の変化にも強いのが特徴です。

■開業に必要なサービスがパッケージ化されている

学習塾のビジネスを始めるには、学習塾に関する知識を得るだけでなく、物件探しや教室のレイアウトなども決める必要があります。学習塾フランチャイズなら、開業に必要なサービスが一通りパッケージ化されているところが多いです。

■既存店と情報共有ができる

学習塾フランチャイズでは、その教室でオーナーを務める方は一人ですが、他の教室でオーナーをしている「仲間」がいます。そしてその仲間や本部との情報共有ができるのが、学習塾フランチャイズの強みです。

■儲かるビジネスモデルがある

学習塾を経営して儲けるためには、売値を決定し、利益がどのくらい出るのかを考えることが非常に大切です。この売値は、高すぎても低すぎても利益につながりません。売値の決定こそ、その先学習塾が儲かるか否かを左右します

学習塾フランチャイズの場合、売値がすでに決まっており、儲かるビジネスモデルがすでにあります。そのモデルを利用することで、上手に儲けることができるのです。

学習塾フランチャイズのデメリット

ここからは、学習塾フランチャイズのデメリットを見ていきましょう。

■初期費用が高い

学習塾をフランチャイズで開業する場合、個人で開業するよりも初期費用が高くなります。これは、フランチャイズ本部に払う加盟金が発生するためです。加盟金はフランチャイズによって異なるので、しっかり確認しましょう。

■ロイヤリティの支払いがある

学習塾フランチャイズは、毎月本部に支払うロイヤリティが発生します。ロイヤリティの支払額はフランチャイズによって異なりますが、利益が少ない月でもロイヤリティの支払いは必ずあります。そのため、ロイヤリティの支払いが経営を圧迫してしまうこともあるのです。

■途中解約時は違約金やペナルティが発生する場合がある

学習塾のフランチャイズ契約を結んだ場合、多くの会社で5年契約や10年契約といった契約期間が定められています。万が一契約期間の途中で契約を解約する場合、違約金やペナルティが発生することがあるので、注意が必要です。

■価格、教材、運営システムが本部指定

学習塾をフランチャイズで経営する場合、授業料などの価格や教材、運営システムは本部が指定することが多いです。そのため、「自分の理想の学習塾を作りたい」という方は、窮屈に感じてしまうかもしれません。逆に、適正な価格と教材、運営システムは決められていた方がやりやすいという方は、フランチャイズ経営が向いているといえるでしょう。

 

学習塾フランチャイズの仕組みと、メリット・デメリットについて紹介しました。学習塾の需要は年々高まり、フランチャイズオーナーを募集している学習塾も増えています。

これからフランチャイズで学習塾を経営したいと考えている方は、メリットとデメリットをしっかり理解した上で、どこのフランチャイズに加盟するか決めましょう。

おすすめ関連記事