学習塾をフランチャイズで開業するためにはどのくらいの費用が必要?

公開日:2021/12/01  最終更新日:2022/03/03

学習塾フランチャイズを開業すると、最初にかかる初期費用と、その後継続してかかってくる費用があります。フランチャイズで学習塾開業を考えているのなら、この2つの費用を把握しておくことが非常に大切です。そこで今回の記事では、学習塾フランチャイズの開業にいくら費用が必要なのかを徹底解説します。チェックしてみてください。

学習塾フランチャイズを始めるメリット・デメリット

そもそも学習塾フランチャイズの開業には、どんなメリットとデメリットがあるのでしょうか?学習塾フランチャイズの開業を考えている方は、メリットはもちろん、デメリットもきちんと理解しておきましょう。

■学習塾フランチャイズのメリット

フランチャイズオーナーを募集している学習塾は、比較的有名な学習塾が多いです。そのため、既にその学習塾にある「ブランド力」を活用して、生徒を集客できます

また、開業後の運営や、生徒への指導ノウハウを学ぶことができるのも大きなポイントです。さらに、教室のレイアウトや必要な備品、物品の発注などもサポートしてくれるところが多く、個人経営に比べて業務の負担が少ないのもメリットの一つです。

■学習塾フランチャイズのデメリット

学習塾フランチャイズの契約を結ぶと、開業時に加盟金の支払いが必要になります。そしてその後も、毎月ロイヤリティの支払いが発生するところが多いです。

ロイヤリティは、「売り上げの10%」としているところもあれば、金額が固定で決まっているところもあります。ロイヤリティは、売り上げが悪い月でも必ず支払わなければならないため、経営を圧迫する可能性があるのが大きなデメリットです。

また、学習塾をフランチャイズで経営するということは、ある程度本部の運営基準に従わなければなりません。そのため、「自分の理想の学習塾を作りたい!」という方は、フランチャイズ経営はあまり向いていないでしょう。

学習塾をフランチャイズで開業する際に必要な資金

では実際に学習塾フランチャイズにかかる費用を見ていきましょう。まずは、開業時にかかる初期費用です。

■加盟金

加盟金は、学習塾の名前を使って経営をし、さらに塾のノウハウやサポートを受けるための「対価」のようなものです。本部とフランチャイズ契約を結ぶと発生します。加盟金は、学習塾本部によって異なります。だいたい100~300万円が相場です。

■保証金

学習塾フランチャイズの中には、契約時に本部に預ける保証金がかかるところがあります。預けた保証金は、売上金、ロイヤリティ、仕入れ代金など、何かの支払いが滞ったときに相殺されます。保証金の相場は、50万円くらいです。

■店舗関連費

新しい物件を探して学習塾を開業する場合は、物件取得費のほか、内装・外装工事費がかかります。また、学習塾フランチャイズの本部によって、備品や物品の費用を負担することもあります。

■研修費

学習塾フランチャイズを開業する場合、多くの学習塾で研修が実施されます。今後学習塾で子どもたちに質の高い指導をするための研修です。その他にも、学習塾を経営していく上でのノウハウも学ぶことができ、初めて経営をするという方も安心です。

研修期間は、数日で終わるところもあれば、数週間や1ヶ月かかるところもあります。研修の費用相場は、60万円ほどです。

学習塾をフランチャイズで開業した後に必要な資金

学習塾フランチャイズにかかる費用は、初期費用だけではありません。ここからは、学習塾フランチャイズを開業した後にかかる費用を見ていきましょう。

■人件費

学習塾に通う生徒に実際に指導をしてもらう講師の方に支払う費用です。開業後にかかる費用として、人件費は40~50%と、大きな割合を占めます

■賃貸料

学習塾を開業する物件の賃貸料です。地域や立地、広さによって大きく差がありますが、目安は売り上げの10~20%といわれています。

■教材費

生徒に指導するために必要な教材にかかる費用です。主にテキスト、模試の仕入れが挙げられます。学習塾フランチャイズ本部の中には、加盟時の初期費用で教材費の支払いが必要なところもあります。教材費は、売り上げの1%ほどで、他の費用に比べると少ない割合です。

■ロイヤリティ

学習塾フランチャイズ本部に毎月支払う費用です。売り上げの10~15%に設定されているところが多くあります。ロイヤリティは毎月必ず支払う費用なので、どれくらいかかるのか契約前に必ず確認する必要があります。

 

学習塾フランチャイズを開業するメリット・デメリットと、開業時とその後にかかる費用について紹介しました。フランチャイズ展開をする業種は多数ありますが、学習塾のフランチャイズ展開は年々増えてきています。また、経営が初めてという方でも開業しやすいのが学習塾フランチャイズです。

これから学習塾フランチャイズを開業したいと考えている方は、メリット・デメリットを理解して、資金計画をしっかり立てましょう。

おすすめ関連記事